群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

群馬県立前橋工業高等学校 2年生 空手道  菊地凌之輔選手インタビュー

2017/03/26

目指せ!日本代表、2017期待の部活男子
ジュニアナショナルチーム
平成28年度インターハイ準優勝

――菊地凌之輔選手にとって高校2年生の2016年度はどんな一年でしたか。
菊地凌之輔/努力が実った一年でした。春の選抜大会3位、夏のインターハイ準優勝と、課題も見つかりましたが今後につながる飛躍の年になりました。
――特に思い出に残っている大会を教えてください。
菊地凌之輔/インターハイです。全国大会で初めて決勝に勝ち上がった大会でした。今まで経験したことのない緊張感や、会場の雰囲気に圧倒されそうになりましたが、呑まれずに思うような形ができました。結果は負けてしまいましたが大きな経験になったと思っています。
――決勝戦の相手は菊地選手がライバルと公言する立教新座の山中望未選手でした。
菊地凌之輔/ずっと自分の上にいる選手でライバルというか目標にしている選手です。
――インターハイでかなり近づいたという感想ですか。
菊地凌之輔/少しは近づけたと思います。ですが、相手は完璧な選手で自分はまだ欠点ばかりなので、勝つには相当の努力が必要です。
――ご自身の長所をお聞かせください。
菊地凌之輔/パワーと迫力です。以前はパワー一辺倒でしたが現在は迫力をつけることを意識しています。インターハイの時は体重が61㎏でしたが現在は64㎏です。それまでの体重では筋力や重さに限界があると感じていたので3月の選抜大会に挑むにあたって増量を決意しました。
――増量の効果は表れていますか。
菊地凌之輔/はい。しっかり表れています。迫力がついたと思います。増量するまでは上半身が勝っていたせいか重心がやや上にありましたが、下半身が強くなったことで重心のバランスも良くなり、どっしりとした迫力のある形ができるようになりました。
――その他、意識して取り組んでいることはありますか。
菊地凌之輔/自分はパワーが武器ではありますが、どうしてもパワーが勝ってしまい、ミスやブレを誘発し減点となることがありました。そこで、パワーを落とすのではなく、パワーを活かすために始めたのが増量です。増量の成果も出ているので、制御できる正確さとスピードを兼ね備えられるように、今取り組んでいます。
――ナショナルチームの指導者からはどんなアドバイスを受けましたか。
菊地凌之輔/部位を集中して鍛えるのではなく「全身から出る力を高めるように」と言われました。「戦いを想定した中での形なんだ」とも教えていただきました。自分はその部分がまだまだ甘いですね。
――精神的な部分ではどんなところが成長したと感じていますか。
菊地凌之輔/インターハイまでは自分の形をやることだけに意識が集中していました。今は『戦う』ことを意識して相手も見た上で自分の形ができるようになりました。精神的な部分で新たなステージに足を踏み入れたと感じています。
――今後の目標についてお聞きしたいと思います。まずは高校生活残り一年の目標からお願いいたします。
菊地凌之輔/4月にナショナルチームの選考があるので引き続きナショナルチームのメンバーに入ることが直近の目標です。インターハイでは今年も決勝の舞台に立てるように精進したいと思います。大学での空手道に繋げるためにも結果にこだわっていきます。それには結果が出るための練習が必要だと思っています。練習の意味を理解し質の高い練習を積み重ねていきたいです。
――今後は目標にされ追われる立場になりますね。
菊地凌之輔/2年生の時は完全に挑戦者の立場でした。今も挑戦者の気持ちは変わりませんが追われる立場の人間になっているということも理解しています。追われる立場になったところで、より強くなれるかが、自分の空手道人生の今後を大きく左右すると思っています。最も大切な一年ということを自覚して頑張りたいと思います。
――最後に将来の目標をお聞かせください。
菊地凌之輔/空手道は自分にとってなくてはならない存在です。何歳になっても空手道に携わっていけたらいいなと思っています。選手としてはナショナルチームに入ることが目的でなく、国際大会で日の丸を背負って活躍すること、それが自分の大きな目標です。
(2017年3月15日取材)

群馬県立前橋工業高等学校 空手道 顧問 鎌田志郎先生から見た菊地凌之輔選手の特徴と今後の期待!
パワーは全国でもトップレベル、現状ではナンバー2の選手です。類いまれなパワーにスピードが加わり高次元で融合すれば本気で日の丸を背負える選手になるでしょう。とにかく、こつこつと、己を高めてください。

部活男子企画☆共通クエスチョン☆
☆ 出身中学校…太田市城東中学校
☆ 身長…167㎝ 
☆ 中学校時代の所属チーム…剛友会(年長→小学生→中学生)
☆ ナショナルチームとしてのプライド…どんな大会でも上位に食い込む。常に上を目指し自分を高める。
☆ 得意な科目…体育と数学です。
☆ 憧れの選手…喜友名諒選手。
☆ ライバルと意識する選手…山中望未選手(立教新座)です。
☆ 自分にスイッチを入れる曲…以前は洋楽オンリーでしたが、今は、洋楽とONE OK ROOKの曲を聴いてスイッチを入れます。
☆ ご褒美 ごはん…祖父と一緒に食べる焼肉。特にカルビが好きです。