群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

女子ラグビー 清水 麻有

2014/04/17

女子ラグビー 清水 麻有 (高崎片岡中学校3年生*2012年7月当時、現在は東京農業大学第二高校)

*一部分のみ掲載。全文章及びグラビアは『ありがと!臨時増刊号 Vol.30「群馬☆アスリートの女神Vol.1」』をご覧ください。群馬県内の文真堂書店やアマゾンで購入できます。

<「ラグビーは基礎が大切」というお父さんお教えが原点です。>
――最初はどんなところに戸惑ったのですか?
 パスの技術です。幼いころからやっている子は、やはり上手いです。それにパスの種類も豊富でした。私も上手い子のように綺麗なパスをしようと見よう見まねでやっていました。そんな時、お父さんが「そんなんじゃ(慣れないパスで)なくていいんだよ」とアドバイスをしてくれました。そして、私に基礎から丁寧に教えてくれたんです。その教えは今でも私の原点です。練習や試合の前に必ず思い出してプレーしています。
――ラグビーがより好きになり、さらに真剣に取り組むようになったのはいつごろですか。
 小学6年生の時です。高崎ラグビークラブでは年度の最後の大会である上毛新聞カインズカップの6年生のAチームだけジャージの色が赤から黒になり『ポパイブラックス』という愛称が与えられます。もちろん私も「黒いジャージが着たい!」と願っていました。ですが、小学6年生の女子では体力や筋力面で男子に劣ってしまうんです。そのことを日頃の練習で痛感していたので、それまで以上に練習の質と量を高め「黒いジャージを着る!」という目標に向け努力しました。
――その努力は実を結びましたか?
 はい、『ポパイブラックス』のメンバーに入れました。
――よかったですね。練習の質と量を高めた効果はどんなプレーに活かされましたか?
 「練習の質と量を高めた」と言いましたが、中身は基礎プレーの反復です。筋力がついたことも奏功したのでしょう。体を自在に動かせるようになり、相手を簡単に抜けるようになりました。
――その頃、ラグビー以外のスポーツもやっていたのですか。
 はい、小学4年生から6年生までスイミングスクールで水泳を習っていました。
――水泳は選手コースでしたか?
 これも、始めたのが遅かったので普通のコースでした。泳ぐのが好きだったのと「水泳の1級を取りたい」という目標を持っていました。もっと小さい頃から始めていたら水泳選手を目指していたかも知れません(笑)。
――身体能力も向上しましたか。
 練習ではかなり長い距離を泳いでいたので持久力はついたと思います。それに体幹が強くなったと感じました。タックルを受けても倒れにくくなりました。