群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

女子ラグビー 櫻井 綾乃

2014/04/17

女子ラグビー 櫻井 綾乃 (高崎女子高校1年生*2012年7月当時)

*一部分のみ掲載。全文章及びグラビアは『ありがと!臨時増刊号 Vol.30「群馬☆アスリートの女神Vol.1」』をご覧ください。群馬県内の文真堂書店やアマゾンで購入できます。

<シニアになると年齢によって短パンの色が変わるんです。頑張って一番上の色まで続けたいです。>
――「ラグビーに青春をかけよう!」と決意したのはいつごろですか。
 小学生の時から「ずっとラグビーを続けたい」と思っていました。『悩みを克服する』のところでお話しましたが、女子の大会に出場させていただき、活躍する選手を見て「あんなプレーができたらいいな」「15人制ってかっこいいな」という憧れを感じました。あっ、それに「青春をかけよう!」ではないですよ(笑)。ラグビーは生涯続けていこうと思っています。シニアになると年齢によって短パンの色が変わるんです。頑張って一番上の色まで続けたいですね。
――「2016年五輪にて7人制ラグビー(男女)が実施競技に正式決定」のニュースはどのように受け止めましたか。
 「嬉しい!」とは思いましたが実感はなかったです。お恥ずかしい話ですが「私のやっているラグビーと7人制とは違うもの」という誤った認識があったんです。その後の関東ユースの合宿で7人制ラグビーについて詳しく知ることができ「なんて魅力的なんだろう」と思いました。世界が広がりましたね。
――ラグビーの試合や練習は土曜日・日曜日が中心ですよね。平日は学校の部活動に所属しているのですか。
 はい、普段は部活動で体を鍛えています。中学生の時は陸上部に所属していました。顧問の先生に「陸上とラグビーを両立できるなら(陸上部に入っても)いいよ」と言っていただき、陸上部に入ることができました。ご理解のある先生に出会えて幸運でした。皆からは「本当なの?」と驚かれますが、これでも長距離の選手でした(笑)。一番の思い出は3年生の駅伝大会です。こんな私ですがBチームのアンカーで出場させていただきました。チームメートからタスキを受けて、それこそ無我夢中で走りました。最後の最後で一人追い抜きました。とても嬉しかったです。あの時ばかりは「陸上もいいな」と少し本気で思いましたね。