群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

水泳(飛込) 赤木 七菜

2014/04/17

水泳(飛込) 赤木 七菜 (前橋育英高校2年生*2012年7月当時)

*一部分のみ掲載。全文章及びグラビアは『ありがと!臨時増刊号 Vol.30「群馬☆アスリートの女神Vol.1」』をご覧ください。群馬県内の文真堂書店やアマゾンで購入できます。

<「細部の美しさと長身でダイナミックなところが君の才能だよ」と言われています。>
――得意なところ、自信を持っているところは?
 飛込の技術ではないのですが、明るいところです。チームのムードメーカーになっていると思います。明るく元気に皆さんを笑わせています。
――飛板飛込と高飛込のどちらが得意ですか。
 だんぜん飛板飛込です。高飛込は高くて怖いのでちょっと苦手です。10mの高さを練習で飛ぶ時は勇気を振り絞っています。それから、正面を向いて飛ぶのと、後ろ向きで飛ぶのがあるのですが、正面の方が得意です。
――毒島先生から「ここが素晴らしいよ」と褒められたことはありますか。
 「綺麗に見せるのが上手だね」と言っていただきました。
――長身ですし、しなやかな印象があるので、綺麗に見えるのでしょう。それにスタイルも抜群ですね。
 そんなことはないです。最近太ってきたので締めないといけないんです。他県の先生から「おたふく(かぜ)かい?」って言われちゃいました(笑)。
――長身というのは飛込では有利なのですか?
 有利ではないと思います。同じ5mの高さから飛ぶとして、小さい子の方がクルクル回るイメージがありますよね。それに、高さは決まっているので、身長がある分、回転不足になりがちです。長身の選手は筋力と技術がないと苦しいですね。
――先ほどの水切り同様、身長に見合うだけの筋力と技術がつけばダイナミックな飛込になるわけですね。
 そのようです。泰士さんからも「細部の美しさと長身が君の才能だよ」と言われています。