群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

陸上競技 菊池 菜々実

2014/04/17

陸上競技 菊池 菜々実 (伊勢崎清明高校3年生*2012年7月当時)

*一部分のみ掲載。全文章及びグラビアは『ありがと!臨時増刊号 Vol.30「群馬☆アスリートの女神Vol.1」』をご覧ください。群馬県内の文真堂書店やアマゾンで購入できます。

<陸上競技の楽しさを知ったのは幼稚園の運動会。>
――陸上競技を本格的に始めたのはいつですか。
 私はミドより少し遅く小学5年生です。前橋市陸協という陸上競技のクラブに入りました。だいぶ遡りますが、幼稚園の運動会ではいつも同じ子に負けていたんです。それがすごく悔しくて…。年長の運動会で初めてその子に勝ちました。その時に「走るのって楽しいな」と思いました。そんな幼少の頃の記憶が残っていたのでしょう。小学5年生の時に出場した陸上競技の大会で好記録を出したのをきっかけに、陸上競技の楽しさに目覚め「本格的にやろう」と思いました。
――前橋鎌倉中学では1年生から大活躍だったと聞きました。
 100mでは関東大会にも出場しました。ところが2年生からスランプに陥り、その後は散々な成績でした。
――スランプの原因は?
 気持ちの部分ですね。「練習したくないな」と思ってしまいました(反省)。
――それはどのように克服したのですか。
 「これじゃダメだ」とはずっと思っていました。走るのが大好きなので「こんな形で陸上を終わらせたくない」という気持ちもありました。「高校でやり直そう」と思っている時にミドと再会したのです。
――伊勢崎清明高校進学の理由もそこにあるのですね。
 「どうせなら強いところで頑張りたい」と考え清明に学校見学に行きました。すると、ミドのお姉さんが陸上競技部で練習していたんです。「もしかしたらミドも清明に行くかも?」と思いメールしました。すぐにミドから「私も清明に行こうと思っている」と返事が来て「一緒に頑張ろうよ」となりました。
――当時の伊勢崎清明高校もかなり強かったのですか。
 武藤先生が来て「強くなっているところ」「これからもっと強くなる」という時期でした。名門復活の礎だったと思います。
――武藤先生はどんな存在ですか。
 とても大きな存在です。先生がいなかったら今の自分はないですね。辛い練習をここまで頑張れなかったですし、気持ちも今のように強くなれなかったでしょう。
――どんなところが選手に良い影響を与えているのですか。
 何にでも前向きに全力で取り組むところです。先生の教えを信じて努力すれば必ず結果が出ます。説得力がありますね。それに先生は自分の時間を犠牲にしても「私達を良くしよう」としてくれます。私も、それに応えたいと思い頑張っています。
――小学生のころからの友人である浅見選手はどんな存在ですか。
 ミドがいなかったら途中で挫けていたでしょう。大切な存在ですね。ミドとはリレーのバドンだけでなく気持ちもつながっています。