群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

陸上競技 井桁 愛(現、濱名 愛)

2014/04/17

陸上競技 井桁 愛(現、濱名 愛) (前橋女子高校 教諭*2012年7月当時)

*一部分のみ掲載。全文章及びグラビアは『ありがと!臨時増刊号 Vol.30「群馬☆アスリートの女神Vol.1」』をご覧ください。群馬県内の文真堂書店やアマゾンで購入できます。

<空中の感覚は器械体操と一緒でした。>
――棒高跳と器械体操は共通する部分もあったのですか。
 空中の感覚はほとんど一緒ですね。棒高跳のトレーニングにもロープや鉄棒など器械体操と共通するものが多かったです。
――棒高跳は未知の世界ですよね。やはり最初はうまく跳べなかったでしょう。
 それが最初から上手に跳べました。とても楽しかったです。とにかく衝撃的でした。
――みなさん、最初から跳べるのですか。
 人それぞれですが、やはり跳べない子が多いようです。私の場合、器械体操をやっていたおかげで、身体の使い方がうまかったみたいです。それに、腕の筋力だけは中学2年生の女子のわりにはあったのだと思います。小学生の頃から、ロープを腕の力だけで上まで登るトレーニングをしていたので、そのあたりも奏功しましたね。
――棒高跳にはどんな能力が必要ですか。
 一つは身体を自由にあつかう能力です。筋力では腕と体幹といわれています。といっても思い切りマッチョな筋力は不要なんです。自分の体を自由自在に操れる筋力があればいいんです。もう一つは踏切までの走力です。
――技術的には?
 タイミングですね。しっかり踏切って両手でポールを押す。その時にうまく反動をもらえれば体が勝手に上がっていきます。
――棒高跳の練習は週に何日でしたか。
 週に一日です。その他の日は短距離走の練習を他の部員と一緒にやっていました。もちろん、懸垂など棒高跳のための筋トレも数多くこなしていました。
――女子の棒高跳は、残念ながら全中やインターハイの種目には入っていません。主にどんな大会に出場していたのですか。
 まずは記録会に出場します。その記録によってそれぞれの大会に設けられた標準記録を突破していれば参加資格を得ることができます。私の場合、中学生の時は群馬県選手権という一般の選手や大学生、高校生が出場する大会や日本ジュニアに出場しました。中学3年生の時に、国体の新たな種目として棒高跳少年共通女が加わりました。私も標準参加記録を突破しようと必死に練習しました。その甲斐あって国体では出場するだけでなく3位表彰台に上がることができました。
――その他の中学生の大会には100mと走幅跳、走高跳で出場したのですか。
 はい、100mと走幅跳、走高跳は頑張って続けていました。ちなみに100mは13秒85。前橋市の大会でやっと決勝に進めるレベルです。走幅跳は4m90…、もしかしたら4m60かも知れません。走高跳は1m45ですね。
――100mと走幅跳、走高跳のご自身の評価は?
 「棒高跳で頑張ろう」と思う評価です(笑)。