群馬県スポーツ情報誌「Gsports」の公式サイトです

新着情報

2015年プロ野球展望Part2 今シーズン注目の群馬出身選手は誰だ?!

2015/03/27

2015年プロ野球展望Part2
今シーズン注目の群馬出身選手は誰だ?!
<上武大学硬式野球部 谷口英規監督に聞く、今シーズン期待のOB>

まるで宇宙人!
横浜DeNAベイスターズ #15 投手(木更津総合高校→上武大学→NTT東日本)
井納 翔一
 井納はまるで宇宙人です(笑)。その性格がプロ野球で奏功しているのでしょう。彼にとって今シーズンは正念場です。更に突き抜けるのか? それとも落ちるのか? どちらかでしょうね。最大の魅力は長身を活かした角度です。それに、着地してから投げるまでがとても長く、タイミングが取りづらいのも長所の一つですね。小久保裕紀監督がサムライジャパンに選んでくれたのもそこだと思います。

抜群のボディバランス!
オリックス・バファローズ #3 内野手(榛名高校→上武大学→東芝)
安達 了一
 高い身体能力が安達の一番の魅力です。社会人を経験しているのも色々な意味でプラスになっているでしょう。彼がプロ野球でレギュラーを獲得できた最大の要因は守備力です。その守備力を支えているのが抜群のボディバランス。守備で身体が崩れないのが強みですね。

長所は頭脳とキャッチング!
中日ドラゴンズ #38 捕手(桐生第一高校→上武大学)
松井 雅人
 本来であれば、松井には昨シーズンレギュラーを獲ってほしかったですね。怪我の影響もあったと聞きますが残念でした。周りの目も、昨シーズンの『期待』から、今シーズンは『諦め』に変わっているので、昨シーズンと同じ程度ではダメでしょう。クビを覚悟して、文字通り『背水の陣』でやらないと厳しいと思います。彼の長所であり生命線は野球頭脳とキャッチングです。そこに今シーズンは打撃の変革が必要でしょう。勝負を賭けてほしいですね。

バッティングに関しては教え子でNo.1!
千葉ロッテマリーンズ #37 内野手(遊学館高校→上武大学)
三木 亮
 今シーズン、私が最も期待しているのが三木です。膝の状態もだいぶ良くなったと聞いています。私の教え子の野手の中で、最もセンスが良く、勝負勘があります。安達のような優れた身体能力は無いですが、バッティングに関しては適応能力も含めてNo.1でしょうね。プロ野球の一軍で通用する力を十分に持っています。

上武大学が数多くのプロ野球選手を輩出する理由に迫る!
――上武大学硬式野球部は数多くのプロ野球選手を輩出しています。東京六大学野球に匹敵する実績と言っても過言ではないでしょう。大変失礼な質問ですが、入学時点での選手の能力は早稲田大学や明治大学などと比較して、遜色ないのでしょうか。
谷口英規監督/際立った才能も、優秀な選手の数も、東京六大学とは比較になりません。向こうには、高卒で直ぐにプロに行っても通用するような選手がいますから(笑)。高校時代の実績や入学時点でのレベルでは、正直、歯が立ちませんね。
――上武大学の4年間で同等かそれ以上の選手に成長するわけですね。
谷口英規監督/大学の4年間、プラス社会人ですね。
――上武大学で選手が素晴らしい成長を遂げていることはプロ野球輩出選手数という実績が証明しています。ずばり『上武大学で選手が成長する理由』を教えていただけますか。
谷口英規監督/圧倒的な練習量の違いですね。これは私も選手も自信を持って断言できます。もう一つは『じっくり時間をかける』ところだと思います。うちに来る選手は複数の際立った長所は持っていません。「球が速い」や「カーブがいい」とか、せいぜい一つですね。ですが長所が一つあるということは『可能性がある』ということなんです。その「いいカーブ」を、類まれなカーブに見せることができれば、プロ野球でも通用します。その可能性を高めるのに必要なのが『圧倒的な練習量』と『じっくり時間をかける』です。
(2015年3月12日取材)
2015年 群馬県内及び近郊のプロ野球開催情報!
☆4月5日(日) イースタン・リーグ公式戦
埼玉西武ライオンズvs東京ヤクルトスワローズ (13:00 桐生)

☆4月21日(火) セントラル・リーグ公式戦
読売ジャイアンツvs広島東洋カープ (18:00 上毛新聞敷島)

☆5月2日(土) イースタン・リーグ公式戦
埼玉西武ライオンズvs千葉ロッテマリーンズ (12:30 熊谷)

☆5月9日(土) イースタン・リーグ公式戦
埼玉西武ライオンズvs読売ジャイアンツ (13:00 高崎城南)

☆5月10日(日) イースタン・リーグ公式戦
埼玉西武ライオンズvs読売ジャイアンツ (13:00 本庄)